お役立ちコラム

アットホーム表参道クリニックの
お役立ちコラム

18.10.31
APS/PRP

ヤンキース田中、エンジェルス大谷両選手も受けた!注目のPRP療法とは?

変形性膝関節症に対する治療においては、保存的治療で十分な効果が得られない場合、最終的に手術が選択されます。しかし、「切らない治療」で治るのであれば、それが理想的であると考える患者さんは多いのです。

そういった変形性膝関節症の治療において、幹細胞治療同様、患者さん自身の組織を使った、患者さんの身体に優しい低侵襲治療として注目されているのがPRP療法(多血小板血漿療法=Platelet-Rich Plasma)です。

自分の血液を使う安全性の高い治療

PRP療法とは、自分の血液の中の血小板を使う治療です。

血小板とは、わかりやすくいうと、けがをしたときなどに血を固めて止血をし、かさぶたを作る作用を担う成分です。そして止血のみならず、その後には、かさぶたで保護している間に損傷した組織を修復して、もとの状態に戻す役割を果たしています。

PRP療法による変形性膝関節症の治療とは、血小板のこの作用を最大限に活用して行う、膝の組織を修復する治療です。メジャーリーグで大活躍している、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手や、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手も、肘を故障した際に、この治療を受けています。アスリートにとって、この治療は、他の治療に比べて回復が早く、ゲームにも早く復帰できるからだといわれています。

彼らの場合は肘の治療に対してでしたが、同じメカニズムにより、膝の治療についても効果があるとされています。このようなことから、PRP療法は、高齢者に多い変形性膝関節症の治療において注目されているわけです。

現在、わが国では、保険診療には至っていませんが、厚生労働省により治療を行ってよいと認められた病院や診療所で受けることができます。

PRP療法のメリットは、自分の血液を使った治療であるという点で、安全性が担保されているということです。

PRP療法の流れと費用とは?

PRP療法は、以下のような流れで行われます。

 

1.患者さんの腕の静脈から約50ml程度の血液を採血する

2.採血した血液を遠心分離器によって分離させる

3.分離した血液から5ml前後のPRP(多血小板血漿)を抽出する

4.PRPを膝関節の中に投与する

 

採血量と抽出量、そしてPRPの濃度については、治療施設によって違いがあります。治療効果についてもさまざまですが、治療後の膝関節の中のヒアルロン酸が増えた、炎症に関連する物質が減ったという報告もあります。この報告の通りに奏効した症例であれば、痛みや炎症が抑えられ、軟骨の摩耗や関節の変形の進行を抑えることが可能になります。

副作用については、数日間、痛みや腫れが生じるというケースもあります。しかし、これは数日で治まることがほとんどです。そして、治療後は経過を見ながら、運動療法などのリハビリテーションを行うことが重要だといわれています。

治療費については、現時点では保険が適用されない自由診療ですので、どのクリニックで行った場合でも全額自己負担となります。治療を検討するにあたっては、どの程度の費用がかかるのか確認することをおすすめします。

最先端の膝痛治療法「APS」とはどのような治療なのか

当クリニックでは、同じPRP療法でも、次世代のPRP療法ともいわれる「APS(Autologous Protein Solution=自己たんぱく質溶液)」を採用しています。

従来のPRP療法が、主に組織の修復(筋・靭帯や腱)を促す効果があるのに対して、APSは膝の関節内で痛みを引き起こすタンパク質(IL-1やTNS-αなどの炎症性サイトカイン)の働きを阻害することで、炎症を抑え、痛みを軽減するという仕組みです。

海外での臨床試験データでは、膝関節症の炎症を抑制し、進行をとどめることが示唆されており、1回の投与で24カ月間にわたって痛みと機能改善が継続したとの報告もあります。

国内でAPSを採用している医療機関はまだまだ少ないのが現状ですので、つらい膝の痛みに悩んでいる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

診療時間

時間 日/祝
9:00〜12:00
13:00〜18:00

※土曜の午後は13:00〜17:00まで
休診日:日曜・祝日
診察終了時間の30分前までに受付をお済ませください。

pagetoppagetoppagetop