お役立ちコラム

アットホーム表参道クリニックの
お役立ちコラム

18.12.21
幹細胞治療

脂肪の採取は米粒2〜3粒程度で傷も残らない!採取の痛みも最小限に抑えられる幹細胞治療の方法

幹細胞治療においては、患者さん自身の脂肪を採取し、そこから幹細胞を抽出・培養して患部(膝関節)に投与します。しかし、なぜ幹細胞を作るために脂肪を採取するのか、そもそも脂肪から幹細胞を作るというのはどういうことなのか、わからないという方は多いかもしれません。

そこで本コラムでは、脂肪から幹細胞を作るというのはどういうことなのかご説明しましょう。

まず、なぜ幹細胞を作るために、脂肪を採取するのでしょうか。それは、脂肪の中に間葉系幹細胞という、軟骨を修復できる幹細胞が存在しているからです。 幹細胞が痛みを軽減するメカニズムのコラムでも触れましたが、間葉系幹細胞とは、臓器や組織の修復機能を持っている幹細胞です。

元々、骨髄の中に存在している幹細胞として知られていたのですが、それと似た機能を持つ幹細胞が脂肪の中にも存在することがわかったため、脂肪を採取し、間葉系幹細胞を培養させるという方法が行われるようになりました。

脂肪の採取量はわずかであるため、痛みはほぼない

脂肪の採取というと、美容外科などの治療でみられる、痩身の脂肪吸引のイメージがあるため、たくさん採取しなければならず、痛いのではないかと考えられる方は多いようです。

また、幹細胞治療おいても、幹細胞の培養を行わない場合は200~400cc程度の脂肪を採取しなければならず、患者さんにとっては、痛みとともに血管損傷や瘢痕(はんこん)形成などのリスクがありました。

しかし、当クリニックでは、培養幹細胞治療を行っており、1回あたり米粒2〜3粒程度しか採取しませんので、痛み・リスクもほとんどありません。 200~400ccもの脂肪採取を行う場合、何度も採取を繰り返すことは難しいですが、米粒2〜3粒程度であれば、繰り返し採取することが可能です。そのため、仮に痛みが繰り返したり、軽減されない場合でも、新しい脂肪を採取して幹細胞を抽出・培養することができます。

患者さんにとっては、いつでも治療を受けられるという安心感をお持ちいただけるのです。

わずかな傷で、20分程度の治療

それでは、脂肪採取の方法についてもご説明しましょう。

おへそのくぼみのシワに沿って、メスで3〜4ミリ程度切開します。組織にダメージを与えないように局所麻酔で丁寧に採取しますのでご安心ください。脂肪層には大きな血管がないため切っても出血しませんし、所要時間も20分程度で終わります。

このとき、採血も同時に行います。これは、幹細胞の培養に自分の血液で作った血清が必要なためですが、通常は60〜80cc程度で、小さな注射器6本分くらいです。通常の献血での採血は、男性400cc、女性200cc程度ですからそれに比べても、とても少ない量であるとわかっていただけると思います。

培養はプロフェッショナルによる高度な技術で行う

採取した間葉系幹細胞の培養についても、慎重の上に慎重を期しています。「細胞のお世話をする」と表現しても差し支えないほど、丁寧に行われているのです。実際に培養を行うスタッフは、細胞を扱うプロフェッショナルである専任培養士です。

現在、当クリニックが培養を依頼している機関には、専任培養士が8人在籍しています。培養専用の細胞培養加工室(CPC:Cell Processing Center)においては、温度・湿度管理や無菌操作をはじめ、培地や薬剤の管理など数々の工程管理が慎重に行われています。

そして、培養された幹細胞は凍結保存され、投与当日まで厳密に管理・保管しています。 培養された幹細胞は、数だけでなく、「質」が非常に重要だからです。そのため、当クリニックでは、細胞を凍結・解凍したままの状態で患者さんに投与することはありません。なぜなら、解凍直後の幹細胞では、十分な効果が発揮されませんし、場合によっては何割かが死滅している可能性もあるのです。

当クリニックでは、患者さんの来院直前に、培養された幹細胞を取り出し、最良の状態で投与します。このように患者さんの来院に合わせて最良な状態を確保して治療にあたります。 培養を依頼している機関は、当クリニックから徒歩5分程度の至近距離にありますが、専門の運搬業者により、細心の注意を払って運搬されています。

培養細胞のクオリティコントロールを最大限に行い、患者さんの治療効果がより高まるように心がけながら、日々治療にあたっています。

関連記事

診療時間

時間 日/祝
9:00〜12:00
13:00〜18:00

※土曜の午後は13:00〜17:00まで
休診日:日曜・祝日
診察終了時間の30分前までに受付をお済ませください。

pagetoppagetoppagetop