お役立ちコラム

アットホーム表参道クリニックの
お役立ちコラム

19.01.29
膝全般

人工膝関節置換術と高位脛骨骨切り術で膝痛を治す

変形性膝関節症、関節リウマチ、あるいは外傷による後遺症などによりダメージを受けた膝関節は、運動療法やヒアルロン酸関節注射などの保存的治療では症状が回復しないケースも多くみられます。このような場合、根治を目指すのであれば、手術による治療が必要になることもあります。

ここでは、膝の痛みに対して行われることの多い、「人工膝関節置換術」と「高位脛骨骨切り術」について、手術の内容、効果、手術にかかる日数などについてご紹介していきます。これらの手術には、それぞれメリットもデメリットがありますので、医師と十分に相談し、自分にとって最適な治療法を選択することが大切です。

併せて、どうしても手術を回避したい場合の治療法についてもご紹介します。

膝関節の損傷部分を人工膝関節に取り換える「人工膝関節置換術」

人工膝関節置換術は、症状が進行した膝関節症治療の代表的な手術で、傷ついた膝関節を金属や超高分子量ポリエチレンの人工関節に置き換えるものです。

担当の医師ごとに多少の違いはありますが、まずレントゲンなどで患部の状態を把握し、患者さんに適した大きさの人工関節を用意します。次に、膝関節の骨の損傷部分を取り除き、人工膝関節に取り換えて手術は終了です。手術時間は通常1~2時間程度です。

手術後はベッドでの起き上がり訓練から始まり、平行棒や松葉杖の歩行訓練、靴下の着脱、入浴、トイレ動作などの日常生活動作のリハビリテーションを受け、患者さんの症状にもよりますが、通常は2週間~1カ月で退院となります。退院後は通常3カ月、6カ月、1年後の定期検診を受け、術後の経過などを報告、担当医とその後の療養法などについて相談します。

O脚をX脚に変えて膝にかかる負荷を軽くする「高位脛骨骨切り術」

高位脛骨骨切り術は、脚の形をO脚からX脚に変える手術です。O脚の人は、膝の内側に荷重がかかりすぎることで、膝関節の内側の軟骨が摩耗していきます。そして、歳を重ねるごとに徐々に膝関節自体が変形するため、痛みが増して変形性膝関節症の症状に進み、日常生活にも支障をきたすようになります。

手術は、脛骨の内側に切り込みを入れて、そこにくさび型の人工骨を挟み込み、膝の内側にかかっていた過剰な負荷を軽減していくものです。最近の人工骨は身体との親和性が高く、骨を形作る骨芽細胞が人工骨の孔に入り込んで、挿入してから3~5年で自分の骨に吸収されるようにできています。人工骨を固定するために骨と相性の良いチタンプレートとボルトを使いますが、これらは手術後1年ほどしてから体内から摘出します。

患者さんの症状にもよりますが、手術してから1日経つと膝を曲げることができるようになり、3カ月ほどで骨が癒合します。入院期間は2~3週間が目安で、退院してから筋力トレーニングや関節ストレッチングなどのリハビリテーションを行い、回復に努めます。

それぞれの手術のメリット、デメリットは

人工膝関節置換術は、国内で30年以上も前から行われており、施術数もこの10年間で約1.7倍になるほど信頼性の高い治療法です。術後数日で歩行訓練ができ、高齢者の床ずれや筋力低下を防げるのも大きな特徴です。最近では入院期間も短縮され、早い社会復帰が可能です。しかし、人工関節の耐久性は15年前後といわれており、再手術が必要になるケースもあります。また、改善されたとはいえ手術には変わりなく、患者さんに精神的・肉体的な負担がかかることがデメリットです。

高位脛骨骨切り術の長所は、膝関節の骨を切除するのではなく、自分の骨が温存されることです。しかし、損傷が膝関節の内側にとどまっている場合のみ手術が可能で、変形性膝関節症でも比較的軽い症状に適用される治療法であることに難点があります。

これらの手術は程度の差はあれ、膝の患部を「切る治療法」であり、どうしても手術を避けたいと考える患者さんの間で今、注目されているのが、自分の骨に分化できる幹細胞を使った幹細胞治療と、治療に有効な自分の血液成分を高濃度抽出し、膝関節内に投与するAPS(PRP)療法です。興味、関心のある方は、このサイトでこれらの治療の情報をご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

つらい膝の痛みに、新たな救世主!幹細胞治療について知りたい!

従来のPRP療法とはまったくの別物!次世代PRP療法といわれる「APS」療法とは

関連記事

診療時間

時間 日/祝
9:00〜12:00
13:00〜18:00

※土曜の午後は13:00〜17:00まで
休診日:日曜・祝日
診察終了時間の30分前までに受付をお済ませください。

pagetoppagetoppagetop