幹細胞治療とは?

アットホーム表参道クリニックの
幹細胞治療の説明

幹細胞治療とは?

皮膚や血管などの組織を構成している一つひとつの細胞の寿命は短く、絶えず入れ替わり続けています。
その失われた細胞を再び生み出すために必要とされるのが、未熟な細胞「幹細胞」です。
「幹細胞」は、目的の細胞に分化(変化)する能力があります。
例えば「幹細胞」の一つ「間葉系幹細胞」は、骨髄、脂肪、臍帯、滑膜(関節の周囲にある組織)などに含まれており、骨、軟骨、腱、脂肪、神経などへ分化する能力を持っています。
患者さんから採取した「幹細胞」を体外で培養し、一定の量まで増やしてから身体に戻す治療が幹細胞治療です。
自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた治療は、国内の治療として正式に厚生労働省に承認され、その効果が確認されています。

幹細胞治療とは?

幹細胞治療の流れ

  1. 初診担当医が、膝の状態、これまでの治療歴、既往歴、常用薬などについて問診し、膝を中心に全身状態を把握します。

  2. 血液検査細菌・感染症などの有無を確認するための検査を行います。検査の結果が出るまで約1週間かかります。
    ※検査結果によっては幹細胞治療を行うことができない場合があります。

  3. 脂肪採取局所麻酔をした後、下腹部の目立たない部分からごく少量の脂肪組織を採取します。採取量の目安は米粒2~3個程です。さらに、細胞の培養に必要な血液(約100cc)の採取も併せて行います。なお、脂肪・血液の採取が終了した後は、すぐにご帰宅いただけます。

  4. 培養/
    管理
    採取した脂肪組織は、専門施設で間葉系幹細胞を分離した後、約3週間かけて5,000万~2億程度まで培養します。培養した幹細胞は、細胞の数が目標値に達したら凍結保存され、投与日まで厳密に品質管理します。

  5. 投与/
    経過観察
    培養した幹細胞を膝の関節内に注射で投与します。投与が終わった後は、ご帰宅いただけます。
    幹細胞投与後、膝の状態を確認するため、定期的にご来院ください。

幹細胞治療の費用

本治療は保険適用外であるため、
治療にかかる費用全額を患者さん自身にご負担いただきます。

1,000,000円(税抜)

※初診料や検査費用は保険適用内となります。
※お支払いは、現金またはお振込みにて承ります。

             

診療時間

時間 日/祝
9:00〜12:00
13:00〜18:00

※土曜の午後は13:00〜17:00まで
休診日:日曜・祝日
診察終了時間の30分前までに受付をお済ませください。

pagetoppagetoppagetop